日本とアメリカにバックグラウンドを持つフランシス真悟氏は、長い間ペインティングで抽象的な独特のビジョンを描いてきました。主には、モノクロームの画面に一つの色の帯が描かれた極めてシンプルに見える作品ですが、長いプロセスと考えのもとに生まれた作品です。とくにフランシス氏は、光と色彩の微妙な視覚感覚を絵画の表面で作っています。現在彼は、ロサンゼルスの美術大学院で学び、新しい抽象的なデジタルビデオ作品も制作しています。フランシス氏にとって、「アブストラクト」ペインティングを描く意味や動機はどのようなものなのでしょうか。アメリカの長い抽象表現の歴史を背景に、これまでの抽象画から近年のビデオの試みも含めて、現在の多様なイメージ世界とどのように繋がっているのかを探ります。

講師

フランシス真悟(美術家)

1969年カリフォルニア州サンタモニカ生まれ。1992年クレアモント、ピッツァーカレッジにてBFA(美術学士号)を取得。現在ロサンゼルスと横浜を拠点に活動。「HELIOS」(ロサンゼルス空港、ロサンゼルス市文化部、ロサンゼルス、2015年)、「Vast and Vivid」(MISA SHIN GALLERY、東京、2014年)、「Kaleidoscope」(ロビーギャラリーほか、ニューヨーク、2013年)、「抽象と形態:何処までも顕れないもの」(DIC川村記念美術館、千葉、2012年)、「Ties over Time」(駐日米国大使館公邸、東京、2010年)など国内外の多数の個展、グループ展に参加。作品は、JPMorgan Chase Art Collection、スペイン銀行、森アーツセンター、セゾン現代美術館などにコレクションされている。

ファシリテーター

ロジャー・マクドナルド(MADプログラム・ディレクター/AIT 副ディレクター)

東京生まれ。イギリスで教育を受ける。学士では、国際政治学。修士では、神秘宗教学(禅やサイケデリック文化研究)。博士号では、『アウトサイダー・アート』(1972年)の執筆者ロジャー・カーディナルに師事し美術史を学ぶ。1998年より、インディペンデント・キュレーターとして活動。「横浜トリエンナーレ2001」アシスタント・キュレーター、第一回「シンガポール・ビエンナーレ 2006」キュレーターを務める。2003年より国内外の美術大学にて非常勤講師として教鞭をとる。長野県佐久市に移住後、2013年に実験的なハウスミュージアム「フェンバーガーハウス」をオープン、館長を務める。また、国内初の英国式「チャトニー」(チャツネ)を生産・販売している。興味は美術史、絵画、変性意識状態、オーディオ鑑賞、踊り、山。AIT設立メンバーの一人。
TICKETS

レクチャータイトル:ペインターとの対話Vol.1


日時:8月2日(水)19:00-21:00

場所:AITルーム(代官山)

定員:30 名

講師:フランシス真悟(美術家)

受講料:¥3,900(税別)

備考:レクチャー終了後、ミニ・バーをオープン(21:00-21:30/有料)

RECOMMEND

Art & Culture TRIPS

 10月12日(土) 9:00-19:00(予定)

ナビゲーター:ロジャー・マクドナルド(AIT)ほか
ゲスト:堤隆(浅間縄文ミュージアム館長兼主任学芸員)
訪問先:フェンバーガーハウス、浅間縄文ミュージアム
定員:15名 *最小催行人数:13名
料金:¥16,000(税別)*コース生 ¥2,000引

ロジャー・マクドナルドのガイドのもと、縄文のアニミズムとアートとのつながり、絶滅を考えるユニークな1日ツアーです。長野県にある「浅間縄文ミュージアム」と「フェンバーガーハウス」を巡ります。

Art & Culture TRIPS

 7月19日(金)-21日(日) 

ナビゲーター:AITスタッフ
ゲスト:向谷地宣明(MCMedian代表取締役 / NPO法人BASE代表理事)、浦河べてるの家関係者ほか
訪問先:「第27回べてるまつり in 浦河」(浦河町総合文化会館)ほか
定員:20名 *最小催行人数:14名
※ 早期「お問合せ」割引 / MAD生割引あり

北海道浦河町にある、統合失調症やうつなどの精神疾患を経験した当事者を中心とするコミュニティ「浦河べてるの家」が1年に一度開催するユニークなお祭り「べてるまつり」を訪問します。

Art & Culture TRIPS

 10月26日(土) 8:30-19:00(予定)

ナビゲーター:AITスタッフ
ゲスト:山根一晃、佐塚真啓、永畑智大
訪問先:Super Open Studio 2019(S.O.S 2019)、国立奥多摩美術館
定員:25名 *最小催行人数:15名
料金:¥16,000(税別)*コース生 ¥2,000引

20軒を超えるスタジオと、その所属アーティスト約120名からなる「Super Open Studio 2019」や、制作スタジオを美術館に見立てプロジェクト活動を行っている「国立奥多摩美術館」を巡ります。