19世紀後半から20世紀前半にかけて、身の周りに広がる世界をひたむきに観察し、その経験をカンヴァスに落としこんだ二人の画家を見ていきます。近代絵画の「父」の一人であるセザンヌは、見るプロセスをひたすら「分析」することでその表現を深化していきました。奴隷として生まれ、独学で絵画を学んだトレイラーは、田舎や都市生活の素朴な風景を描きました。この全く違うコンテクストで絵を描いていた二人を並べることで、平面で表現することの可能性や影響力を眺めていきます。

・ポール・セザンヌ(1839−1906、フランス)
銀行経営者の息子として生まれ、法学部に通うが中退。絵画の道に進む。クロード・モネやオーギュスト・ルノワールらと親交を深め、印象派グループの一員として活動。近代絵画の「父」と呼ばれ、キュビズムなど20世紀美術に大きな影響を与えた。

・ビル・トレイラー(1854−1949、アメリカ)
アラバマの農場で奴隷の子として生まれる。奴隷解放宣言が発布された後、自由の身となるが、その後も同じ農場で(小作人として)働く。その後、路上生活を送りながら、85歳から独学で田舎や都市生活の素朴な風景を描きはじめる。NYのアメリカン・フォークアート・ミュージアムでの展示を行うなど、アウトサイダー・アートの代表的な作家として評価されている。

講師

ロジャー・マクドナルド(MADプログラム・ディレクター/AIT 副ディレクター)

東京生まれ。イギリスで教育を受ける。学士では、国際政治学。修士では、神秘宗教学(禅やサイケデリック文化研究)。博士号では、『アウトサイダー・アート』(1972年)の執筆者ロジャー・カーディナルに師事し美術史を学ぶ。1998年より、インディペンデント・キュレーターとして活動。「横浜トリエンナーレ2001」アシスタント・キュレーター、第一回「シンガポール・ビエンナーレ 2006」キュレーターを務める。2003年より国内外の美術大学にて非常勤講師として教鞭をとる。長野県佐久市に移住後、2013年に実験的なハウスミュージアム「フェンバーガーハウス」をオープン、館長を務める。また、国内初の英国式「チャトニー」(チャツネ)を生産・販売している。興味は美術史、絵画、変性意識状態、オーディオ鑑賞、踊り、山。AIT設立メンバーの一人。
TICKETS

レクチャータイトル:ポール・セザンヌとビル・トレイラー


日時:4月26日(水)19:00-21:00

場所:AITルーム(代官山)

定員:30 名

講師:ロジャー・マクドナルド(MADプログラム・ディレクター/AIT 副ディレクター)

受講料:¥3,900(税別)

備考:レクチャー終了後、ミニ・バーをオープン(21:00-21:30/有料)

RECOMMEND

MAD WORLD

MAD WORLD vol.3
音楽と社会の関係性(仮)

 10月17日(火)  19:00-20:30

 10月18日(水)  19:00-20:30

 10月19日(木)  19:00-20:30

 10月20日(金)  19:00-20:30

講師:磯部涼(音楽評論家/ライター)

場所:AITルーム(代官山)

定員:20 名

受講料:¥19,000(税別)


2013年、警察官による黒人少年射殺事件をきっかけにアメリカ各地で起こった「ブラック・ライヴス・マター」。2017年、新大統領ドナルド・トランプの差別的な…

チケット:

NEW COMMUNITIES

[Tour] DIYのアート・イニシアティヴVol.3—新たなオーディエンスを探して

 10月28日(土)  17:00-21:00

講師:上原拓真(RUNDAアートテリングツアープランナー) 他

場所:都内のアート施設

定員:12 名

受講料:¥5,000(税別)


ソーシャル・メディアの時代において、アートの展覧会を見る行為は少し変わってきているともいえるでしょう。それは、一人で見に行っても、その経験を友だち…

チケット:

FREE MAD

1961-1962c 抽象表現主義の影響からの脱却と過去の再解釈(4レクチャー)

講師:ロジャー・マクドナルド(MADプログラム・ディレクター/AIT 副ディレクター)


抽象表現主義を代表するジャクソン・ポロックを学問的に検証した美術家のアラン・カプローのエッセイを紹介し、アメリカ抽象表現主義の影響から抜け出し新し…