受講方法

 
▼ 講座当日までの流れ

 

1. 受講料のお振り込み確認をもって、お申し込み手続きは完了となります。

コース受講生は、各コースの指定のレクチャーに加え、他コースの任意のレクチャーを2回選択できます。お申し込み方法は、別途メールにてお知らせします。

 

2. 講座前にご案内メールを送ります。(希望者のみ)

毎月20日頃に翌月の講座スケジュールをメールにてお送りします。(例:4月開講の講座は、3月20日頃に配信します)

 

3. レクチャーの開始時刻5分前までに会場もしくは集合場所までお越しください。

AITルームは、30分前から開場しています。

 

4. 受付もしくはAITスタッフに、お名前をお伝えください。

 
 
 

▼ 講座を欠席された場合

 
レクチャーを欠席した場合、後日AITルームでビデオを視聴できます。AITルームにある「視聴予約シート」にてご予約ください。

 

・視聴可能期間:2018年4月~12月
・視聴は、レクチャーのみとなります。ツアーやワークショップは視聴できませんのでご注意ください。

 

<視聴可能な日時>
平日:15:00-17:00/17:00-19:00
*上記に加え、MADがある日は、19:00-21:00も可

 
 
 

▼ その他

 
・持ち物:筆記用具 *ワークショップやツアーの場合は、お持ち物が異なりますので、各講座のページをご覧ください。

 
 
 

そのほかご不明な点などございましたら、「よくある質問」をご覧ください。

 
 


 
 

▼ オンライン無料講座「FREE MAD」を受講される方へ

 
FREE MADでは、動画共有サイトvimeoを採用しており、iPhoneをはじめとするスマートフォンからもご利用できます。通勤中やご自宅で、いつでもどこでもアートを学ぶことが可能です。

 
 

ご注意

 

– 動画では、英文テキスト『Art Since 1900』を参照にしながらレクチャーが進んでいます。FREE MADでは、このテキストを配布しておりません。予めご了承ください。

 
– レクチャーの動画を再生するにはAdobe Flash Player(バージョン10.0.0以上)が必要となります。ご使用のパソコンや携帯端末にFlash Playerがインストールされているかをご確認の上、動画をご視聴ください。

 
– ご利用のコンピュータの設定やネットワーク環境によっては、正しく視聴できない場合がありますので、あらかじめご了承ください。

 
– 動画の再生にあたり、トラブルが発生した場合は、こちらよりお問い合わせください。

 
– レクチャー内容に関する質問は、受け付けておりませんので、ご了承ください。

 
-FREE MADは、クリエイティブ・コモンズ・ライセンス(CCライセンス)の下で保護されています。CCライセンスは著作権に取って代わるものではないため、著作権はNPO法人アーツイニシアティヴトウキョウ[AIT/エイト]のものとなります。映像のダウンロードや共有は自由ですが、CCライセンスの「表示-非営利-改変禁止」条項に従う必要があります。

 

RECOMMEND

What Can Art Do?

「ウェルビーイング」の視点から見る…

- イコン、曼荼羅、禅、ヒッピー -

 6月7日(木) 19:00-21:00

講師:ロジャー・マクドナルド(MADプログラム・ディレクター/AIT 副ディレクタ―)

場所:AITルーム(代官山)

定員:25 名

受講料:¥3,900(税別)


「ウェルビーイング(well-being)」とは、個人の権利や自己実現が保障され、身体的、精神的、社会的に良好な状態にあることを意味する概念です。ウェルビーイングの視点から考えると...

UNKNOWN TOKYO

多摩ニュータウン探訪

- 都市の実験を読み解く -

 6月9日(土) 日中

講師:饗庭伸(首都大学東京都市環境学部建築都市コース・都市システム科学域教授)

場所:多摩ニュータウン近辺

定員:12 名

受講料:¥6,500(税別)


ニュータウンと聞くとどんな場所を想像するでしょう?「均質でつまらない」といったネガティブな印象を持たれがちですが、多摩ニュータウンは都市計画における先駆的な実践に取り組んだ街でもあ...

What Can Art Do?

より良く生きるためのアート・エデュ…

- 福祉とアート、世界の事例から -

 6月14日(木) 19:00-21:00

講師:堀内奈穂子(AITキュレーター)

場所:AITルーム(代官山)

定員:25 名

受講料:¥3,900(税別)


近年、認知症の人とその家族、介護士を対象にニューヨークのMoMAが立ち上げた「meet me at MoMA (2007年-2014年)」。また、高齢者や障害を持つ人に向けて「Sp...