割引・特典

期間限定で下記の割引・特典をご用意しています。このお得な機会をお見逃しなく!

 

▼ 1泊2日の長野ツアー割引 *~6月20日(水)まで*
以下の対象ツアーをお申し込みいただくと、3%OFF

 

対象ツアー
Be Here Now
月をおもい、月をまつる
※「フェンバーガーハウス『宇宙意識美術館』展(1日/長野)」と「UNKNOWN TOKYO」は対象外です。
※学生割と併用可。
※他のクーポンとの併用はできません。

 
 

▼ 学生割3(クーポン発行)*10月31日(水)まで*
学生は、以下の対象講座にお申し込みいただくと、3%OFFになります。(学生証の提示が必要です)

 

対象講座(コースとチケットとツアー)
・What is Art Today?:  3つのコースとコース内の各レクチャー(チケット購入)
・What is Art in Practice?:2つのコースとコース内の各レクチャー(チケット購入)
・What Can Art Do?:  3つのコースとコース内の各レクチャー(チケット購入)
・Visit & See:「Be Here Now(1泊2日/長野)」「月をおもい、月をまつる(1泊2日/長野)」「UNKNOWN TOKYO(1日/東京)
※「フェンバーガーハウス『宇宙意識美術館』展(1日/長野)」は対象外です。

 

クーポンコード:mad2018-student


※対象:学生(高校・大学・大学院・専門学校在学中)
※使用回数:1回のみ有効
※お申し込みの際に、学生証の提示(メール送信)が必要です。
※他の割引と併用可。他の割引が適用された価格に対して、学生割(3%)が適用されます。
※他のクーポンとの併用はできません。
ショッピングカート内の「▼ クーポン利用」にてクーポンコードをご入力ください。

 


 

特典

 

▼ 新規お申し込み者対象:アートイベントに無料ご招待
こちらのページで随時お知らせいたします。

 

▼ AIT主催のイベント参加費割引&アート系人材募集情報を先行案内

 

MAD受講生は、AITが主催するアートイベントのほか、アーティストやキュレーターが作品や展覧会について語るトークイベント「ARTIST TALK」や「SLIDE TALK」、話題の国際展やアートプロジェクトを巡る「アートツアー」などの参加費が割引になります。(例)AIT ARTIST/SLIDE TALK 参加費:一般 1,000円→ MAD受講生:800円

 

AIT主催・協力のイベント情報はこちら☞

 
 
▼ アート系人材募集情報を先行案内(希望者のみ)

 

AITが主催・協力するアートイベント情報のほかに、展覧会のボランティア募集情報やAITが関わりのある団体・組織(美術館など)の人材募集情報などを優先的にご案内します。希望者は、AITのメールマガジン購読の登録が必要です(MADお申し込みの際にも登録できます)。

 

ご登録はこちらから☞

 

RECOMMEND

What is Art Today?

アーティストを支援する新たなモデル…

- 企業の牽引力、異分野との連携、オルタ…

 6月5日(火) 19:00-21:00

講師:塩見有子(AITディレクター)

場所:AITルーム(代官山)

定員:25 名

受講料:¥3,900(税別)


「アーティストを支援する新たなモデル①」(5月8日開講)の続編。トップダウン的なリーダーシップを伴う、企業とアートの取り組みをさらに詳しく紹介するとともに、ボトムアップ的なアートの...

What is Art Today?

アートの価値を決めるのは誰か

- デュシャン、ダダ、コンセプチュアル・…

 4月25日(水) 19:00-21:00

講師:ロジャー・マクドナルド(MADプログラム・ディレクター/AIT 副ディレクタ―)

場所:AITルーム(代官山)

定員:25 名

受講料:¥3,900(税別)


アートという行為や作品の価値は、アートを支える様々なインフラによって左右されます。特に20世紀のアートの価値は、美術館と密接に関係しています。そしてアート・マーケットというもうひと...

What Can Art Do?

べてるの実践から見るコミュニティと…

- ケアの共同体と、弱さの情報公開 -

 7月21日 (土) 13:00-15:00

講師:向谷地生良(浦河べてるの家ソーシャルワーカー/北海道医療大学教授)

場所:AITルーム(代官山)

定員:25 名

受講料:¥3,900(税別)


北海道浦河町にある、精神障害などを抱えた当事者と町民有志によって設立された地域活動拠点「ベてるの家」。そこでは、精神障害やうつ病を抱えた当事者が自らの経験専門家として研究し、生きる...