お申し込み

▼ お申し込み方法

 
インターネットから下記の方法にてコースもしくはチケットをお申し込みいただけます。
FAXにてお申込みをご希望の場合はお問い合わせください。
原則として、受講料のお振込み後の申込内容の変更、キャンセルおよびご返金は受け付けておりません。予めご了承ください。

 
コース受講生は、各コースの指定のレクチャーに加え、他コースの任意のレクチャーを2回選択できます。
お申し込み方法は、入金確認後のお手続きが完了次第、別途メールにてお知らせします。

 
 

1)各コースもしくは各レクチャーのページにアクセスします。
 
 

2)右側に表示されている「BUY COURSE」もしくは「BUY TICKET」ボタンを押します。
*枚数もしくは席数の選択は、ショップカート内でも変更可能です。
 

 


→コースをお申込みの場合

 


→個別でレクチャーをお申込みの場合

 
 

3)ショッピングカート内の講座名と受講料をご確認のうえ、「ご購入手続き」へ進みます。
 

→会員のお客様は

会員IDとパスワードを入力して、「ログイン」ボタンを押します。

 

→会員登録を行う方は?

「会員登録して購入手続きへ進む」ボタンを押し、必要事項をご記入後「会員登録する」ボタンを押します。会員登録完了後、続けて「ご購入手続きに進む」ボタンを押します。*会員登録を行うと、次回以降お申し込みする際にスムーズに申し込みが行えます*

 

→会員登録をせずに講座をお申込みの方は

「購入手続き」ボタンを押します。

 
 

4)クーポンコードをお持ちの方は、コードをご入力してください。

 

→学生の方は

次のコードをご記入頂くと、受講料が3%OFFになります。(1人1回のみ。学生証の提示が必要です)
「mad2018_student」

 
 

5)レジ画面「購入者情報」、「お支払い方法」を選択して「次へ」ボタンを押します。
*「▼ お届け先選択」が表示されますが、配送・送料は発生しません。そのままお進みください。

 
 

6)アンケート(必須)にご記入の上、「次へ」ボタンを押します。

 
 

7)お申し込み内容をご確認ください。間違いがなければ「この内容で注文する」ボタンを押します。

 
 

8)mad@a-i-t.netよりお申し込み受付メールが自動送信されますので、ご確認ください。
*銀行振込の方は、お支払い期限をご確認いただき、指定の口座へお振り込みください。
*学生割クーポンをご利用の方は、mad@a-i-t.netまで学生証のコピーをお送りください。

 
 

9)入金確認後、mad@a-i-t.netよりお申し込み手続きが完了したメールをお送りします。

 
 

*お申込手続きは、受講料のご入金確認をもって完了とさせていただきます。入金確認ができるまで2~3営業日かかる場合がございますのでご了承ください。一週間を経過してもメールが届かない場合は、お手数ですがこちらまでお問い合わせください。

RECOMMEND

What Can Art Do?

マイクロ・ミュージアムとこれからの…

- みずのき美術館とフェンバーガーハウス…

 5月24日(木) 19:00-21:00

講師:奥山理子(みずのき美術館キュレーター/アーツカウンシル東京「TURN」コーディネーター)

場所:AITルーム(代官山)

定員:25 名

受講料:¥3,900(税別)


美術館は社会の中でどのような場所であるべきなのでしょうか?ヒーリングの要素を持ち、消費活動や個人主義に対抗する場所として考えられるのでしょうか?このセッションでは2つの小さな美術館...

What Can Art Do?

dear Me!子どもとアーティストの複…

- イントロダクション -

 4月7日(土) 13:00-15:00

講師:堀内奈穂子(AITキュレーター) 他

場所:AITルーム(代官山)

定員:25 名

受講料:¥3,900(税別)


子ども+アート+フクシ+ケアについて学ぶコースの導入として、AITが2016年より実践している子どもとアーティストを繋ぐ新たなプログラム「dear Me」の活動を紹介します。AIT...

What is Art Today?

キュレーションはどこに向かうのか

- ユニークな実践から学ぶ新しいキュレー…

 11月7日(水) 19:00-21:00

講師:ロジャー・マクドナルド(MADプログラム・ディレクター/AIT 副ディレクタ―)

場所:AITルーム(代官山)

定員:25 名

受講料:¥3,900(税別)


21世紀になってキュレーションの手法も大きく変化してきました。特に美術館では、コレクションの展示方法に対して様々な実験に取り組んでいます。また、1990年代から増えた国際展でも挑戦...