ディレクターより

「ホリスティック」なプログラムに向けて

 

今の世界や社会がいかにグローバルな経済のルールの元に動いているかということについて、常に頭のどこかで意識しています。「ネオリベラリズム」とも呼ばれている時代において、アートや生活、コミュニティーのあり方はもちろん、私たちの想像力や思考そのものまでが影響を受けていると言わざるを得ません。ちょっと大きなお話ですが、いろいろな場所やもの、経験が同質になっている気もします。対照的に、アートは本来、複雑で感覚的で、人間であることの謎や素晴らしさを拡張してくれる一つの道具だとも思います。

 

 

今、このようなことを真剣に考えて、社会の中で実践していこうとする動きが増えていることも、興味深いことです。そこには、アートや美術館だけではなく、生活や新たな共同体づくり、音楽やダンスを行う「コレクティブ」、作ることの喜びや工芸などの伝統と革新など、もっとサステイナブルな生き方や社会の中で「弱い」立場とされる人に対する思い、実験的なスピリチュアリティーやシニシズムに対する態度、あるいは新しいビジネス・モデルの構築など、今まであまり共有されなかった歴史を見ていくと、さまざまなビションが存在します。

 

 

このような考えからもう一度「ホリスティック」なアプローチを参照したいと思います。これは実は新しいことではなく、20世紀の初めに既に存在していた動きです。例えば、「モンテベリタ」の実験的集団、大正時代の日本での様々なコミューン実験、ジョン・ラスキンやウィリアム・モリスの「アーツアンドクラフツ」運動、アメリカ西海岸自由文化の歴史、シュタイナーとブラヴァツキーの「神智学」や柳宗悦の「民藝運動」。時代や技術は大きく変わっても、100年前の先駆的なアーティストや思想家たちと丁寧にもう一度向き合うと、いまを生きることの道しるべも見えてくる気がします。

 

 

アートが私たちの生きることと直結していて、時間感覚や倫理観、意識そのものを少し揺るがし、もっと大きな視点を感じさせることを大事にしたいと思っています。

 

 

 

 

 

ロジャー・マクドナルド
MADプログラム・ディレクター/AIT 副ディレクタ—


東京生まれ。イギリスで教育を受ける。学士では、国際政治学。修士では、神秘宗教学(禅やサイケデリック文化研究)。博士号では、『アウトサイダー・アート』(1972年)の執筆者ロジャー・カーディナルに師事し美術史を学ぶ。1998年より、インディペンデント・キュレーターとして活動。「横浜トリエンナーレ2001」アシスタント・キュレーター、第一回「シンガポール・ビエンナーレ 2006」キュレーターを務める。2003年より国内外の美術大学にて非常勤講師として教鞭をとる。長野県佐久市に移住後、2013年に実験的なハウスミュージアム「フェンバーガーハウス」をオープン、館長を務める。また、国内初の英国式「チャトニー」(チャツネ)を生産・販売している。興味は美術史、絵画、変性意識状態、オーディオ鑑賞、踊り、山。AIT設立メンバーの一人。

RECOMMEND

FREE MAD

1930a-1934a 消費社会とレボリューション!(5レクチャー)

講師:ロジャー・マクドナルド(MADプログラム・ディレクター/AIT 副ディレクター)


大量消費社会が加速する中、ドイツでは広告やファッション誌の写真の担い手として、数多くの女性写真家を生み出しました。 また、この時期はシュールレアリ…

FREE MAD

1934b – 1937b メカニックと表象(5レクチャー)

講師:ロジャー・マクドナルド(MADプログラム・ディレクター/AIT 副ディレクター)


イギリスを代表する彫刻家ヘンリー・ムーアは、模型を造ったり鋳造をせず、直接彫刻を掘る「ダイレクトカービング」という手法から、彫刻の新たな方向性や美…

GATEWAY

[Workshop] アート、アイデア、ソーシャル・キャピタル Vol.1

 6月8日(木)  19:00-21:00

講師:水田紗弥子(Little Barrelキュレーター) 他

場所:AITルーム(代官山)

定員:20 名

受講料:¥3,900(税別)


近年、アートはさまざまな形で社会およびビジネスの現場で活用されています。アートの美学的価値や歴史性もとらえつつ、今、どのような新しいアートの役割や…