企業のみなさまへ

MADを運営しているNPO法人AITでは、企業研修やワークショップ、アートツアーなどの企画・運営を行っています。また、現代アート入門や近年の動向など、幅広いテーマでのレクチャーも、企業や美術館の依頼に応じて、多数実施しています。どうぞお気軽にご相談ください。

 

▼社員向け教育プログラムの企画・運営

ひとりひとりの自由な発想や潜在能力を引き出すために、「アート」の表現や考え方を効率的に取り入れることが有用とされており、国内外の先進的な企業や教育の現場では現代アートを用いたプログラムがいち早く取り入れられてきています。AITがこれまでに築いた国内外のネットワークや、教育メソッドを用いて、オリジナルのプログラムをご提案します。美術館の展覧会会場や、企業様内での実施など、フレキシブルにご対応させて頂きます。

 

<これまでの主な事例(一部)>
2014年
内容:参加アーティストやキュレーターによる作品解説ツアー、作品鑑賞ワークショップ
会場:原美術館「アート・スコープ 2012-2014」ー旅の後もしくは痕(あと)展
対象:ドイツ銀行グループ社員様およびそのご家族・ご友人(子供参加可)

_MG_4023
Photo by Yukiko Koshima

 

2014年
内容:参加者が作品鑑賞し、自分なりの作品解説を作成する特別企画「子どもキャプション・プロジェクト」
会場:森美術館「ゴー・ビトウィーンズ展:こどもを通して見る世界」
対象:未就学児〜小学生

go_betweens1go_betweens2
撮影:御厨慎一郎 写真提供:森美術館

 

ほかにもさまざまな企業や団体と共催でプロジェクトやセミナー等を行っています。

日産アートアワード2015(日産自動車株式会社)
現代アートの公募プログラムART IN THE OFFICE(主催:マネックス証券)
JINS ART PROJECT(株式会社ジェイアイエヌ)
六本木アートカレッジセミナー AIT LINK LABO(六本木アカデミーヒルズ)
日経アート・プロジェクト セミナー(日本経済新聞社、アートフェア東京)
Human Rights Watch チャリティ・現代アート・オークション(Human Rights Watch)
ほか

 


 

▼提携先

<海外>
Camden Arts Centre(イギリス)
IASPIS (スウェーデン)
FRAME (フィンランド)
Mondriaan/FONDS (オランダ)
Cove Park(スコットランド)
A-I-R Laboratory(ポーランド)
Asia Link(オーストラリア)
Asia New Zealand Foundation(ニュージーランド)
SOMA(メキシコ)
SSamzie space(韓国)
Human Rights Watch (日本オフィス)

 

<国内>
メルセデスベンツ日本株式会社(日本法人)
マネックス証券株式会社
株式会社HRインスティテュート
パナソニック株式会社
森ビル株式会社 (アカデミーヒルズ)
aTOKYO株式会社
株式会社 ジェイアイエヌ  JIN CO.,LTD.
ドイツ銀行グループ(日本)
ブリティッシュ・カウンシル
株式会社 日本経済新聞社
日産自動車株式会社
森美術館
東京都現代美術館
原美術館
ほか

RECOMMEND

SPIRITUAL ART

何処でもない/あらゆる場所

 4月25日(火)  19:00-21:00

講師:占部史人(美術家)

場所:AITルーム(代官山)

定員:30 名

受講料:¥3,900(税別)


占部史人氏の繊細で考古学的な作品の裏には、彼の宗教に対する深い関心や先史時代への好奇心があります。このレクチャーでは、占部氏がこうした要素をどのよ…

GATEWAY

1990年代のアート

 9月8日(金)  19:00-21:00

講師:ロジャー・マクドナルド(MADプログラム・ディレクター/AIT 副ディレクター)

場所:AITルーム(代官山)

定員:30 名

受講料:¥3,900(税別)


1990年代は、国際展が爆発的に増え、地理的に拡大した時代ともいわれています。グローバル化が世界のアート界に影響し、展覧会やキュレーティングの方法を大…

チケット:

SPIRITUAL ART

地球の力—松澤宥、縄文アニミズムとランド・アートの作家たち

 6月20日(火)  19:00-21:00

講師:ロジャー・マクドナルド(MADプログラム・ディレクター/AIT 副ディレクター)

場所:AITルーム(代官山)

定員:30 名

受講料:¥3,900(税別)


松澤宥は、戦後日本を代表する非常にユニークなアーティストです。彼は、生まれ育った長野県の諏訪を拠点にして、独自の哲学と実践を1960年代から展開しまし…